忍者ブログ
 カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 フリーエリア
 最新コメント
(12/06)
(12/04)
(09/04)
(05/11)
(05/10)
 最新トラックバック
 プロフィール
HN:
茉莉乃☆
性別:
女性
趣味:
ピアノ、音楽、ゲーム、ミスチル、櫻井さん
 バーコード
 ブログ内検索
日記も書きますが、レシピも載せていこうかという傾向のブログに変更しました!たまに更新します☆ リクエストお待ちしてます♪
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

 マカロン

              makaron.jpg

 

(天板2枚分 約25個分)

                       材料 純アーモンドパウダー 60g

                         純粉砂糖      100g

                メレンゲ

                         卵白       50g

                          純粉砂糖     20g

                       バニラエッセンス   2~3振り

 

            仕上げ用      バタークリームやジャムやチョコなど適量

卵白は割ってから冷蔵庫で2~3日おいたものを使用します。また、冷凍保存した卵白を半解凍の状態で使用してもよいです。新しい新鮮な卵白を使用するより、表面にヒビ割れがでにくくなります

下準備

・オーブンを200~210度に予熱しておく。ターンテーブルは入れたままにしています。

・絞り出し袋に10ミリの丸口金をセットしておく

・アーモンドパウダー、粉砂糖を合わせて3回振るっておく(アーモンドの油分がにじまないように、使用するまで冷凍庫で冷やしておく)

 

作り方

1)メレンゲを作る。ボウルに卵白を入れハンドミキサーで6分立てくらいまで泡立て粉砂糖の1/2量を加えさらに泡立てる。さらに残りの1/2量の粉砂糖を加えかなり固めのきめの細かいしっかりとしたメレンゲを作る。

2)1)にバニラエッセンスを加えハンドミキサーで混ぜ香りをつける。(色をつける場合、この時点で水で溶いた食用色素を加える)もそが使用しているバニラエッセンスは濃厚なため、1滴だけ加えています。

3)振るっておいた粉類を1度に加え、ボウルをまわしながらのの字を書くようにゴムベラで混ぜる。全体が均一に混ぜ合わさったら、さらにボウルに生地を擦り付けるようにして気泡をつぶすように混ぜ(マカロナージュという)、生地の気泡を適度につぶす。混ぜ終わりの目安は、生地をすくってたらすとタラタラとリボン状につながって落ちていく状態。混ぜかたが足りないと焼いた時にヒビ割れし、混ぜ過ぎると生地がだらんと広がり過ぎてふくらみません。

4)用意しておいた絞り出し袋に生地を入れ、クッキングシートを敷いた天板に直径2センチほどの大きさで絞り出していく。

5)絞り出したら、天板の底を軽くたたいて生地の余分な気泡を抜く。生地も軽く広がり2.5~3センチほどの大きさになる。

6)乾燥した場所で、指で触って生地がつかなくなるまでしっかり乾燥させる。温度や湿度によって乾燥時間はかわってくる。冬場の乾燥した室内なら、30分ほどで乾燥するが、時間を目安にするのではなく、触って乾燥の状態を確かめるとよい。

7)210度に予熱したオーブンの下段に生地を入れ熱風モード(コンベクション機能)200~210度で1~3分程焼き、ピエ(ギザギザの部分)が出始めたら140度に下げて7~10分程焼く。途中で焼き色が付きそうな場合すぐに電源を切り、余熱で10分程乾燥焼きをしてもよい。(各家庭のオーブンのクセがありますので温度や時間は調節してみて下さい)天板2枚に絞り出しているが、焼く時は1枚ずつ。2枚目も同様に200~210度に予熱しなおしてから焼く。

 うちのオーブン(東芝ER-ESB1)の場合、ターンテーブル入れたまま予熱し3段あるなかの最下段で焼成するとうまく焼けました。マカロンは上火強め、下火弱めで焼くとうまく焼けます。各家庭のオーブンに合わせて、焼成温度を調整し、天板を2枚重ねで焼成したり、クッキングシートの下に紙を敷くなどして下火が弱めになる工夫をしてみるとよいでしょう。生地の表面を先に焼き固め、その後生地の内部に熱が入ることで膨らむ力が焼き固めた表面を持ち上げ、ピエが出るわけです。下火が強いと表面が焼き固まる前に生地を持ち上げるので、ヒビ割れします。

8)焼けたら天板ごと粗熱がとれるまでさます。粗熱がとれたらクッキングシートについたまま金網の上で冷まし、完全にさめたらクッキングシートからはがす。仕上げにクリームやジャムを挟んでできあがり。

チョコを挟むとバレンタイン風になりますよ♪

これは茉莉乃の超お気に入りのフランス菓子!

バレンタインデーに作る予定です♪6年で作った時は2回失敗しました))笑

PR

♪秋魚の香味みそ焼き~チーズ風味~♪

このまえ挑戦したんですけどこれはおいしい!北海道のイメージがわきあがります!

材料(4人分)

鮭   60gX4切れ

豆腐(木綿)  2/3丁

しめじ   1パック

玉ねぎ  1個

じゃがいも 2個

ブロッコリー  適当

チーズ 好みの量

バター  20g

塩  少々

(香味みそ)

  1. 田舎味噌   100g
  2. 砂糖      大さじ2~4
  3. 酒       大さじ2
  4. だし汁     大さじ2~4(大さじ2~4の量の水にすこし味のもとをふりかけてもよい!)
  5. 刻みごま   大さじ2

作り方   事前に230℃にオーブンを余熱しておいてください!

  1. 鮭の切り身は軽く塩をしておく 
  2. 豆腐は2cm角にキリ、しめじは石づきを切ってほぐす。ブロッコリーは固めにゆで、小房に分ける。
  3. 玉ねぎは薄切り、じゃがいもはゆでて7~8mm厚さに切っておく
  4. 小鍋に香味みぞを合わせ、弱火にかけ少し練りこむ。
  5. アルミホイルの中央に薄くバターを塗り、玉ねぎ・じゃがいもを敷き、その上に鮭を乗せる。
  6. 2の材料を散らし、香味みそをかけてチーズをのせ、アルミホイルを閉じてオーブンで10~15分焼く。

名前変えました(笑)行動早い人間ですからw

でわ今後も∩( ´∀`)∩ドウゾ (っ´∀`)っ))ヨロシク

いやいやwお久しぶりに更新しまーっす!!!

んで時はたち、明日合唱祭本番となりました~(>v<)

前の記事では、もうチームワークがダメとありますが・・・w実はねwまぁその前にοοο

学年練習が先週にあったんですけど、やっぱりダメでしたw

もうみんなやる気ないしーダメかな??って思ったんですけど・・・・(涙)

木曜日の練習は特にひどくて女子はカンカン!その中でもとても傷ついてしまった女子も・・・・。

そこで女子が(一部)集まってなんとかしないと!っていう話になって金曜日に話合いしました!

自分でちゃんと歌ってなかった人立って!っていうと意外と立つ人がいたんですね~w

そして一人一人どうするか反省(?)の言葉を述べそれからすごい革命がおきましたw

ほんとに一生懸命みんな歌ってくれたんです!!!!その日に2日しかない音楽室練習だったのですが、

すごい迫力でしたwww

伴奏者の私もつられてノリノリ♪∮

んなわけで、他のクラスに忠告!!!!!

あんまり3組油断しないほうがいいかもよ??(笑)←調子のんなやw

ん。でも明らかに変わった。自分が油断しそうなくらいw恐るべしパワーw

ほんとに楽しみなんですw明日の合唱祭・・・・。

でも伴奏は負けるかもです。。。。2組のT君??がとてもうまいんですねw

ほかは吹奏楽部だからよく知ってるけど、さすが連続伴奏者ですw(うちもだがw)

いつか抜かしたいもんですなぁwww見てろよ?!明日~~!!!!!

応援してくれるはま達のためにもT君に勝ちますカラー!!!

はま!がんばろう(*´∀`)(´∀`*)ネー

ちかづいてきましたねぇ・・・w合唱祭www

さて練習!ってとこでできないんだな><

σ(゜ω゜*)は、伴奏者だから男子のお世話係(?!)なんですけど・・・

まじめにやってくれるのはまぁ・・・4人??

んーまぁうちもいわないのは悪いかもだけど・・・ちょっとくらいだまってくれてたって・・・ねぇ?(何がw

でもやってくれる人が残ってるから茉莉乃がんばります!!(=´∇`=)にゃん

他の組がどうだろうとうちのクラスは一つしかないんだし、関係ないw(は?

女子もちゃんとやってくれててうれしいです。゚(*ノД<*)゚。

がんばるぜ!

 

忍者ブログ [PR]